決済端末を持っていなくてもクレジットカードが使える

店舗開業時のスマート決済サービス

従来のクレジットカードの決済端末は導入コストが高い傾向にあり、飲食店やカフェなどの開業時には初期費用がかかるためネックになりがちですよね。 しかし、最近は導入コストが安く、優しいインターフェースの仕様の決済サービスが充実しており、スマートフォンやタブレット端末があれば、専用アプリでクレジットカード決済処理が可能になっています。クレジットカード決済端末が不要なので、管理が煩雑になることはなく、店舗スタッフの教育に関しても視覚的に分かりやすい操作になっていることから、誰でも簡単に決済処理ができるという点でメリットがあります。 また、導入コストについても、従来のクレジットカード専用決済端末よりも格段に安くなっていますので、導入する方も増えていますよ。

スマート決済サービスの導入業種

従来のクレジットカード決済端末を導入しているのは、飲食店や美容室などが多く、店舗として構えている業種が割合のほとんどを占めていました。こうした店舗はスマート決済のサービスを導入することで、コスト削減や手間の省力化が図れることもあり、導入する傾向にあります。 しかし、スマート決済サービスの導入分野は、店舗を構える業種以外にも広がりを見せています。 具体的な業種としては、飲食関連の移動販売や露店販売などの業種や、ビザやお寿司などの宅配サービス関連の業種、タクシーなどの交通機関や、観光地における人力車のサービスなどがあり、レジの機能を持たない業種が次々と導入を決めています。今やスマートフォンやタブレット端末は1人につき1台以上所有している環境になっていますので、スマート決済サービスはさらなるビジネス展開が期待されていると言えるでしょう。